RBRC10822

Information1

Image
BRC No.RBRC10822
TypeCRISPR/Cas9 (Transgene)Cartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6D2-Gsg1<em1Osb>
Former Common nameGsg1-4636/-4636
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development開発者/機関:櫻井伸行,伊川正人/大阪大学開発年:2017BDF1 × BDF1より得られた受精卵にCas9タンパク質(GeneArt Platinum Cas9 Nuclease (1 μg/μL), B25460)及びtracrRNAとアニーリングさせたGsg1遺伝子を標的とする2種類のcrRNAをエレクトロポレーション法で導入したのち,代理母マウスに移植することで遺伝子改変マウスを作出した。ヘテロKOマウス同士の兄妹交配により維持している。見かけ上は異常は認められない。
Strain descriptionCRISPR/Cas9システムによりGsg1遺伝子の4636塩基をホモで欠失させたマウス。
Colony maintenance
ReferencesBiol. Reprod., 101(2):501-511 (2019). 31201419

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Gsg1germ cell associated 16Gsg1<em1Osb>endonuclease-mediated mutation 1, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University

Information2

供与核酸Streptococcus pyogenes crRNA, tracrRNA Mouse a part of Gsg1 gene
Research application
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Biol. Reprod., 101(2):501-511 (2019).
非営利機関が非営利目的の教育・研究用に用いる場合以外は、大阪大学と別途MTAを締結すること。5年経過後も使用を希望するときは改めて寄託者から承諾を得るものとする。
Depositor伊川 正人(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.Category I MTA: CRISPR/Cas9 genome edited bioresources ( Japanese / English )
Lab HP

BRC mice in Publications

No Data