RBRC10110

Information1

Image
BRC No.RBRC10110
TypeCRISPR/Cas9Cartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6D2-Banf2<em1Osb>
Former Common nameBanf2<-17/-17>
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development開発者/機関:大字亜沙美,伊川正人/大阪大学開発年:2015年BDF1 × BDF1より得られた受精卵の核内にBanf2を標的とするsgRNAとCas9タンパク質を発現するプラスミドDNAを注入することによりKOマウスを作出した。ヘテロ同士の交配により維持している。雄のホモKOマウスの妊孕性の低下は認められない。
Strain descriptionCRISPR/Cas9システムにより、精巣に発現するBanf2遺伝子の17塩基を欠失させたマウス。この欠失はCDS内に生じているため、フレームシフトを誘導する。
Colony maintenance
ReferencesBiol. Reprod., 101(2):501-511 (2019). 31201419

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Banf2barrier to autointegration factor 22Banf2<em1Osb>endonuclease-mediated mutation 1, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University

Information2

供与核酸pX330-U6-Chimeric_BB-CBh-hSpCas9[human U6 promoter, S. pyogenes gRNA scaffold, human U6 terminator, CMV,chicken hybrid CMV enhancer/chicken beta-actin promotor (CBh), Synthetic DNA 3xFLAG, SV40 nuclear localization signal(NLS), Streptococcus pyogenes SpCas9 (human codon-optimized), bovine GH polyA signal, AAV2 inverted terminal repeat (ITR), f1 phage f1 origin, E. coli Ampicillin resistance gene (AmpR), E. coli pUC origin], Mouse a part of Banf2 gene
Research application
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Biol. Reprod., 101(2):501-511 (2019).
非営利機関が非営利目的の教育・研究用に用いる場合以外は、大阪大学と別途MTAを締結すること。研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。5年経過後も使用を希望するときは改めて寄託者から承諾を得るものとする。
Depositor伊川 正人(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.Category I MTA: CRISPR/Cas9 genome edited bioresources ( Japanese / English )
Lab HP

BRC mice in Publications

No Data