RBRC10963

Information1

Image
BRC No.RBRC10963
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.129-Tg(Nanog-RFP)2Szki
Former Common nameNanog-RFP Tg mouse
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development寄託者によって作製され、2019年11月に論文として発表された。129系統マウス由来ES細胞からNanog-RFP Tg ES細胞株を樹立。これをC57BL/6Jマウスブラストシストにインジェクションし、キメラマウス作製工程を経て作製した。キメラマウスをC57BL/6Jと掛け合わせ、その後十世代以上C57BL/6Jに戻し交配されている。問題なく繁殖でき、特に異常等の表現型は観察されない。
Strain descriptionNanogの発現をRFPの蛍光で観察できるレポーターマウス。ただし、Nanogを発現するunipotentな始原生殖細胞では蛍光が観察されず、多能性幹細胞でだけ蛍光が観察される。
Colony maintenance
ReferencesGenesis, 57, e23334 (2019). 31513343

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
RFPRed Fluorescent Protein (Discosoma sp.)UNRFPmouse Nanog promoter

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
SV40 polyA signalUN

Information2

供与核酸Mouse Nanog promoter and enhancer region, Discosoma sp. Red Fluorescent Protein (RFP) cDNA, SV40 polyA
Research applicationFluorescent Proteins/lacZ System
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Genesis, 57, e23334 (2019).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
営利目的利用の希望については、希望者は予め九州大学有体物理センターに連絡し、承認を得る。利用者は、上記の条件に加えて、九州大学が定めた条件の範囲で利用する。学術機関の学術研究に限る。 利用者が本件リソースを使用して得られた研究結果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor鈴木 淳史(国立大学法人九州大学)
Strain Status生体のアイコン生体
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data