RBRC10959

Information1

Image
BRC No.RBRC10959
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Kdm3a<tm1.1Mtac>
Former Common nameJmjd1a (TSGA, Kdm3a, Jhdm2a)
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development京都大学ウィルス研究所にて立花誠らが樹立(2007)。TT2 ES細胞を用いて作出。薬剤耐性遺伝子(Neoカセット)は除去。C57BL/6へ戻し交配を行った。Y染色体はC57BL/6に由来する。ホモ欠損マウスは一定の頻度でXY性転換が起こる。また精子形成不全を示す。ホモ欠損マウスは肥満や糖質代謝異常をきたす。
Strain descriptionJmjd1aはH3K9脱メチル化酵素として働く。JmjCドメインを含むエキソン20-25が欠損している。
Colony maintenance
ReferencesScience. 2013 Sep 6;341(6150):1106-9. 24009392

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Kdm3alysine (K)-specific demethylase 3A6Kdm3a<tm1.1Mtac>

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP6loxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP loxP
Research applicationCre/loxP system
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Science. 2013 Sep 6;341(6150):1106-9.
非営利機関が非営利目的の教育・研究用に用いる場合以外は、大阪大学と別途MTAを締結すること。
Depositor立花 誠(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data