RBRC10950

Information1

Image
BRC No.RBRC10950
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6-Tg(CAG-Sphk1)H1Ytak
Former Common nameSphk1 transgenic mice (Tg line: High)
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development開発者: 金沢大学・多久和 陽(2003年)C57BL/6系統の受精卵を用いて作出(トランスジーンをインジェクションにより導入)。C57BL/6系統。C57BL/6Jマウスとの交配により維持。TGマウス成獣において、下肢虚血後血管新生の亢進、および心筋線維症を呈する。
Strain descriptionスフィンゴシンキナーゼ(sphingosine kinase: Sphk)は、脂質メディエータースフィンゴシン1-リン酸(S1P)産生の律速酵素であり、細胞内でスフィンゴシンをリン酸化することによってS1Pを産生する。また、SphKはS1PリアーゼによるS1P分解を介してスフィンゴ脂質をグリセロリン脂質代謝に結びつける役割も持つ。SphKには、SphK-1とSphK-2の二種のアイソフォームが存在する。このマウスは、CAGプロモーター制御下でSphingosine kinase-1(Sphk1)を全身の様々な組織で高発現するトランスジェニックマウスである。
Colony maintenance
ReferencesDiabetes, 61, 3148-3155 (2012). 22961081
Cardiovasc. Res., 85(3):484-93 (2010). 19755413
Cardiovasc. Res., 78, 301-307 (2008). 18187460

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Sphk1sphingosine kinase 1UNSphk1CAG promoter (CMV-IE enhancer, chicken beta-actin promoter, rabbit beta-globin genomic DNA)

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
SV40 polyA signalUN

Information2

供与核酸Cytomegalovirus CMV-IE enhancer, Chicken beta-actin promoter, Rabbit beta-globin genomic DNA, Mouse Sphk1a gene cDNA, SV40 PolyA signal
Research application
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Cardiovasc Res. 2010 Feb 1;85(3):484-93. doi: 10.1093/cvr/cvp312
Depositor多久和 陽(国立大学法人金沢大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data