RBRC10428

Information1

Image
BRC No.RBRC10428
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Xkr8<tm1.1Osa>
Former Common nameXkr8 flox/flox
H-2 Haplotype
ES Cell lineBruce 4 [B6.Cg-Thy1<a>]
Background strain
Appearance
Strain development大阪大学・長田重一、鈴木淳らにより開発(2013)。C57BL/6由来Bruce4 ES細胞を用いて作製。C57BL/6系統。CAG-FLP(B6背景)との交配によりFRTで挟まれた配列を除去後、兄妹交配にて維持。CAG-FLPはB6野生型との戻し交配で、除去されていることを確認済み。雄不妊、マウス遺伝背景により加齢に応じた自己免疫疾患感受性あり (Kawano M et al, PNAS, vol. 115, p.2132-2137,2018)。
Strain descriptionXkr8はアポトーシス時に機能する細胞膜リン脂質スクランブラーゼである。カスパーゼによりC末端領域が切断されることにより活性化、リン脂質を非特異的に双方向に移層することで細胞膜リン脂質の非対称的分布を速やかに崩壊させる。
Colony maintenance
ReferencesScience, 341, 403-406 (2013). 23845944

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Xkr8X-linked Kx blood group related 84Xkr8<tm1.1Osa>targeted insertion 1.1, Shigekazu Nagata

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site4Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP4loxP

Information2

供与核酸バクテリオファージ P1 loxP酵母 FRT
Research applicationCre/loxP system
FLP/frt system
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Science, 341, 403-406 (2013).
利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor長田 重一(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data