RBRC10389

Information1

Image
BRC No.RBRC10389
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameICR.Cg-Kiss1<tm1.1Nurep>
Former Common nameKiss1-floxed (#96)
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strainCrlj:CD1(ICR)
Appearance
Strain developmentTT2 (CBA×C57BL/6) マウスES細胞にて作製視床下部におけるKiss1遺伝子のコンディショナルノックアウトマウスの作出を目的として、前多敬一郎 (東京大学)、束村博子・上野山賀久 (名古屋大学)、平林真澄 (生理学研究所) らによって作製された。兄妹交配により維持。Creリコンビナーゼ存在下において、Kiss1遺伝子を欠損する。
Strain descriptionKiss1遺伝子にコードされるキスペプチンは、性腺刺激ホルモン放出ホルモン分泌を制御し、生殖機能を制御する神経ペプチドである。
Colony maintenance
References

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Kiss1KiSS-1 metastasis-suppressor1Kiss1<tm1.1Nurep>targeted mutation 1.1, Lab. of Reproductive Science, Nagoya University

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP1loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP1loxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP sites, mouse Kiss1 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。後日指定
利用者は提供承諾書を用いて、事前に束村博子教授もしくは上野山賀久先生の承諾を得る。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。利用者は、上記の条件に加えて、名古屋大学が定めた条件の範囲で利用する。
Depositor束村 博子(国立大学法人名古屋大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data