RBRC10382

Information1

Image
BRC No.RBRC10382
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Arf6<tm2.1Yaka>
Former Common nameArf6-flox
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development筑波大学・金保安則博士、本宮綱記博士により開発(2008)C57BL/6コンジェニック系統。FLPeトランスジェニックマウスとの交配によりNeor配列を除去後、 C57BL/6Jに10世代戻し交配を行う。その後、兄妹交配にて維持。交配によりY 染色体は B6 置換済み。通常飼育条件下においてWTとの差異は確認されない。
Strain descriptionArf6遺伝子のfloxedマウス。低分子量G蛋白質Arf6は、細胞内膜輸送やアクチン細胞骨格の再編成など多彩な機能を有する。神経細胞特異的なArf6 KOマウスにおいて、海馬采および脳梁でのミエリン髄鞘の減少が見られる。また血管内皮細胞特異的なArf6 KOマウスにおいて、血管新生抑制による腫瘍形成抑制が報告されている。
Colony maintenance
ReferencesSci. Rep., 7, 46649 (2017). 28429746
Nat. Commun., 6, 7925 (2015). 26239146
Nat. Commun., 5, 4744 (2014). 25144208

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Arf6ADP-ribosylation factor12Arf6<tm2.1Yaka>targeted mutation 2.1, Yasunori Kanaho

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site12Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP12loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP12loxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP sites, yeast(S.crevisiae) FRT (flippase recombination target) site, mouse Arf6 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
FLP/frt system
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Nat. Commun., 5, 4744 (2014). Nat. Commun., 6, 7925 (2015). Sci. Rep., 7, 46649 (2017).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
学術機関の学術研究に限る。
Depositor金保 安則(国立大学法人筑波大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data