RBRC10249

Information1

Image
BRC No.RBRC10249
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Stx1b<tm1Tfuj>/211
Former Common nameSyntaxin1B
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain developmentES細胞(TT2)に組み換えベクターを導入し、そこから得られた相同組み換え体からヘテロマウスを作出した。開発者:藤原智徳開発年:2008年C57BL6/Jに9世代戻し交配を行っている。
Strain descriptionSTX1Bは、神経細胞でシナプスの開口放出を制御するSNARE蛋白質の1つである。ホモへ変異体は生後14日までに致死となる。ヘテロ変異体は成熟し繁殖可能であるが、高頻度に痙攣発作を呈する。
Colony maintenance
ReferencesJ. Neurochem., 30(4) 514-525 (2014). 24666284

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Stx1bsyntaxin 1B7Stx1b<tm1Tfuj>targeted mutation 1, Takefumi Kofuji

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
GHGrowth hormone polyA (Bovine)7GH

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)7herpes simplex virus thymidine kinase promoter (HSV tk promoter)

Information2

供与核酸herpes simplex virus thymidine kinase promoter (MC1 promoter), E. coli neo, Bovine growth hormone polyA, mouse HPC-1/syntaxin1A genome DNA
Research application
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。J. Neurochem., 30(4) 514-525 (2014).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor藤原 智徳(杏林大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data