RBRC10095

Information1

Image
BRC No.RBRC10095
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Irf3<tm2.1Ttg>
Former Common nameIRF3-flox
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain developmentTT2(C57BL6/N/CBA)ES細胞を用いて作出。東京大学・谷口維紹、柳井秀元(2017年)C57BL/6コンジェニック系統。Flippase発現マウスとの交配によりfrt配列に挟まれたネオマイシン耐性遺伝子を除去後、C57BL/6Jマウスに10世代戻し交配を行う。その後兄妹交配にて維持。正常に発育。
Strain descriptionIRF3は自然免疫受容体シグナルの下流において活性化され、I型IFNをはじめ種々の遺伝子の誘導に関与する転写因子である。ホモマウスは正常に生まれ、Creリコンビナーゼを発現するマウスとの交配により、細胞種特異的または組織特異的にIRF3を欠失したマウスを作製することが出来る。
Colony maintenance
ReferencesProc. Natl. Acad .Sci. USA, 115(20), 5253-5258 (2018). 29712834

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Irf3interferon regulatory factor 37Irf3<tm2.1Ttg>targeted mutation 2.1, Tadatsugu Taniguchi

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site7Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP7loxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP sites, yeast FRT (flippase recombination target) site, mouse Irf3 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
FLP/frt system
Immunology and Inflammation Research
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Proc. Natl. Acad .Sci. USA, 115(20), 5253-5258 (2018).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
学術機関の学術研究に限る。営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。当該マウスを用いる論文発表に際してはAcc.No. CDB1028K、そのWEBサイト(www2.clst.riken.jp/arg/mutant%20mice%20list.html)とともに当該マウスを記載すること。公表論文を理研CLST・LARGE (mutant.bdr@riken.jp)に連絡する。
当該マウスを用いる論文発表に際しては、その由来として第一報論文を引用すること。
Depositor谷口 維紹(国立大学法人東京大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data