RBRC10094

Information1

Image
BRC No.RBRC10094
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Irf3<tm2.2Ttg>
Former Common nameIRF3 KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain developmentTT2(C57BL6/N/CBA)ES細胞を用いて作出。東京大学・谷口維紹、柳井秀元(2017年)C57BL/6コンジェニック系統。CAG-creマウス(B6背景)との交配によりloxP配列で挟まれた配列を除去後、C57BL/6Jマウスに10世代戻し交配を行う。その後兄妹交配にて維持。CAG-Cre、ネオマイシン耐性遺伝子の除去を確認済み。正常に発育。正常なBcl2L12の発現を示す。
Strain descriptionIRF3は自然免疫受容体シグナルの下流において活性化され、I型IFNをはじめ種々の遺伝子の誘導に関与する転写因子である。ホモマウスは正常に生まれ、核酸刺激やウイルス感染においてI型IFN誘導の減弱が見られる。ウイルス感染に脆弱性を示し、LPSショックに耐性を示す。以前に作出されたB6;129S6-Bcl2l12/Irf3<tm1Ttg>/TtgRbrcマウスにおいてはBcl2L12の発現も欠失していたが、本マウスでは正常なBcl2L12の発現が認められ、一方、IRF3遺伝子の発現は欠失している。
Colony maintenance
ReferencesProc. Natl. Acad .Sci. USA, 115(20), 5253-5258 (2018). 29712834

Health Report

Examination Date / Room / Rack2020/07/06Room:3-2Rack:C
2020/06/15Room:3-2Rack:C
2020/06/08Room:3-2Rack:C
2020/04/06Room:3-2Rack:C
2020/02/03Room:3-2Rack:C
2019/12/02Room:3-2Rack:C
2019/11/14Room:3-2Rack:C
2019/11/14Room:3-2Rack:C

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Irf3interferon regulatory factor 37Irf3<tm2.2Ttg>targeted mutation 2.2, Tadatsugu Taniguchi

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP7loxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP site, mouse Irf3 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Immunology and Inflammation Research
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Proc. Natl. Acad .Sci. USA, 115(20), 5253-5258 (2018).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
学術機関の学術研究に限る。営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。
Depositor谷口 維紹(国立大学法人東京大学)
Strain Status生体のアイコン生体
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
生体マウスを3~6ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data