RBRC10076

Information1

Image
BRC No.RBRC10076
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameKSN.Cg-Trp53<tm1Sia>
Former Common nameKSN-p53
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development129(ジーンターゲティングに用いたES細胞株)、C57BL/6(KSN-nuへの戻し交配前にKOマウス維持に用いていた系統)、KSN-nu(現在まで維持に用いている系統)理化学研究所筑波研究所 相沢慎一。TT2 ES細胞(B6CBAF1由来)を用いて作出。国立医薬品食品衛生研究所・安全性生物試験研究センター毒性部、平林容子によりKSN-nu背景コンジェニック系統を育成。129マウス由来ES細胞でのジーンターゲティングによるKO樹立後、C57BL/6との交配で維持されてきたマウスに、市販のKSN-nuを交配して維持。現在N21(現在の施設で凍結受精卵から起こした後の代数であり、totalではN50以上と推測)。KSN-nuとの交配において途中、♂♀を入れ替えての交配も行っており、Y染色体はジーンターゲティングに用いたES細胞由来のものではない。ヌードマウス。ホモ個体は高頻度に各種腫瘍を発生し数ヶ月で死亡。ホモマウスの♀はほとんど出生しない。
Strain descriptionTrp53遺伝子ノックアウトマウスB6.Cg-Trp53<tm1Sia>/RbrcをKSN-nuマウスを背景としてコンジェニック化した。(以下、B6.Cg-Trp53<tm1Sia>/Rbrcのstrain descriptionに従う)p53 (Trp53) 遺伝子のノックアウトマウス。p53はアポトーシス、細胞周期、DNA修復機構に関与するガン抑制遺伝子。第2エクソンにhomologous recombinationによりneo遺伝子を挿入。ホモマウスは様々な部位でガンが発生する (3から6ヶ月齢頃までに) 。ガンを発症する前であればホモマウスも繁殖可能 (成績は低い) 。C57BL/6背景ではホモマウスのメスはほとんど生まれてこない (KSN-nu背景も同様) 。
Colony maintenance
ReferencesOncogene, 8, 3313-3322 (1993). 7504233

Health Report

Examination Date / Room / Rack2018/07/09Room:2-検Rack:F
2018/05/14Room:2-検Rack:F
2018/03/12Room:2-検Rack:F
2018/01/15Room:2-検Rack:F

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Trp53transformation-related protein 5311Trp53<tm1Sia>targeted mutation 1, Shinichi Aizawa

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)11herpes simplex virus thymidine kinase promoter (HSV tk promoter)

Information2

供与核酸HSV Tk promoter, Escherichia coli neomycin resistance gene (neo), HSV TK polyA, mouse Trp53 genomic DNA
Research application
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Oncogene, 8, 3313-3322 (1993).
研究成果の公表にあたっては当該変異マウスのAcc. No.『CDB 0001K』を記すこと。(Acc. No.に関してはホームページ(http://www2.clst.riken.jp/arg/mutant%20mice%20list.html)をご覧下さい)
研究成果の公表にあたって発表論文をCDB変異マウス開発チーム mutant.bdr@riken.jp 迄連絡する事。
Depositor平林 容子(国立医薬品食品衛生研究所)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data