RBRC10053

Information1

Image
BRC No.RBRC10053
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6(Cg)-Aqp4<tm1.1Tsna>
Former Common nameAQP4 KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineRENKA [C57BL/6NCrlCrlj]
Background strain
Appearance
Strain developmentB6由来ES細胞RENKA株を用いて、flox系統(AQP4 Neo)を作製。TLCN Creマウスとの交配によりNull KOとした。開発者 辻田実加。新潟大学脳研究所細胞神経生物学教室にて作成。B6由来ES細胞RENKA株を用いて、flox系統(AQP4 Neo)を作製。TLCN Creマウス(TT2 ES細胞より樹立C57BL/6Nへ戻し交配N13)との交配によりNull KOとした。Y染色体がflox系統、Cre系統のどちらの由来かは不明。KO間での交配可能。兄弟交配により現在N14維持。AQP4欠損に伴う脳機能の変化等は解析により検出できるが、生育、交配等に大きな影響は見られていない。
Strain descriptionAQP4 KO
Colony maintenance
ReferencesNeurosci. Res., 64, 208-212 (2009). 19428702

Health Report

Examination Date / Room / Rack2020/08/31Room:3-CRack:G
2020/08/24Room:3-CRack:G
2020/08/24Room:3-CRack:G
2020/06/15Room:3-CRack:G
2020/06/01Room:3-CRack:G
2020/02/17Room:3-CRack:G
2020/01/28Room:3-CRack:G
2020/01/20Room:3-CRack:G

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Aqp4aquaporin 418Aqp4<tm1.1Tsna>targeted mutation 1.1, Tsutomu Nakada

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP18loxP

Information2

供与核酸Phage P1 loxP site, mouse Aqp4 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Neurosci. Res., 64, 208-212 (2009).
Depositor照光(辻田) 実加(国立大学法人新潟大学)
Strain Status生体のアイコン生体
凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
生体マウスを1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-
Mouse of the Month Sep 2017

BRC mice in Publications

No Data