RBRC10004

Information1

Image
BRC No.RBRC10004
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameICR;Cg-Hsf4<tm1Anak>
Former Common nameHSF4KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development藤本充章、中井彰(山口大学)らが作製し、2004年に論文発表した。ICR miceの遺伝背景で系統を維持している。HSF4+/-の雄と雌を交配させた場合、HSF4-/-の仔の数は予想される通りとなる。C57BL/6の遺伝背景でもHSF4-/-の仔が生まれる。生後、レンズの異常のために白内障を発症する。ヒトではHSF4遺伝子異常と遺伝性白内障に関連がある。
Strain descriptionHSF4 (Heat Shock Factor 4) は、熱ショックタンパク質群の発現誘導を担う熱ショック転写因子ファミリーの一つである。このHSF4の遺伝子を破壊したマウス。
Colony maintenance
ReferencesEMBO J., 23, 4297-4306 (2004). 15483628

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Hsf4heat shock transcription factor 48Hsf4<tm1Anak>targeted mutation 1, Akira Nakai

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)8mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse phosphoglycerate kinase I (PGK) promoter, E. coli neomycin resistance gene, mouse phosphoglycerate kinase I (PGK) polyA signal, mouse Hsf4 genomic DNA
Research applicationDevelopmental Biology Research
Mouse Models for Human Disease
Sensorineural Research
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。EMBO J., 23, 4297-4306 (2004).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
Depositor中井 彰(国立大学法人山口大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data