RBRC10003

Information1

Image
BRC No.RBRC10003
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameICR;Cg-Hsf1<tm1Anak>
Former Common nameHSF1KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development井上幸江、中井彰(山口大学)らが作製し、2003年に論文発表した。ICR miceの遺伝背景で系統を維持している。HSF1+/-の雄と雌を交配させた場合、HSF1-/-の仔の数は予想されるものの60%程度と少ない。メスのHSF1-/-マウスは不妊である。C57BL/6の遺伝背景ではHSF1-/-の仔は世代を重ねるとほとんど生まれなくなる。熱ショック応答がない。雌は不妊。神経変性疾患の病態進行の促進。がんの発生と進展の抑制。
Strain description温熱等による熱ショックタンパク質群の誘導を担う転写因子HSF1 (Heat Shock Factor 1)の遺伝子を破壊したマウス。
Colony maintenance
ReferencesMol. Cell Biol., 23, 5882-5895 (2003). 12897157

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Hsf1heat shock transcription factor 115Hsf1<tm1Anak>targeted mutation 1, Akira Nakai

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)15mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse phosphoglycerate kinase I (PGK) promoter, E. coli neomycin resistance gene, mouse phosphoglycerate kinase I (PGK) polyA signal, mouse Hsf1 genomic DNA
Research applicationCancer Research
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Mol. Cell Biol., 23, 5882-5895 (2003).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
Depositor中井 彰(国立大学法人山口大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-
Mouse of the Month Jul 2019

BRC mice in Publications

No Data