RBRC09877

Information1

Image
BRC No.RBRC09877
TypeCRISPR/Cas9Cartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6N-Bclaf1<em1Nuc>
Former Common nameBtf KO (hetero)
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6NCrSlc
Appearance
Strain developmentbtf遺伝子を切断するようにデザインされたCRISPR/Cas9をC57BL/6NCrSlc由来の受精卵にインジェクションし、ヘテロマウスを作出(2014年)C57BL/6NCrSlc近交系。作出したヘテロマウスを野生型C57BL/6NCrSlcで2世代戻し交配を行った。
Strain descriptionBtf(Bcl-2-associated transcription factor)はアポトーシスを促進する転写抑制因子である。Btfを過剰発現させるとHeLa細胞がアポトーシスを起こすこと、E1Aによる細胞のガン化を阻害することなどから、ガン抑制因子として働くことが報告されている。一方、核内ではEmery-Dreifuss型筋ジストロフィーの原因因子である核膜タンパク質emerinと結合することが報告されており、筋ジストロフィーの研究にも有用と考えられる。ヘテロマウスでは明らかな表現型は観察されないが、ホモマウスは生後数日以内に致死。メスのヘテロマウスは育児放棄する可能性がある。
Colony maintenance
ReferencesEur. J. Biochem., 271, 1035-1045 (2004). 15009215

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Bclaf1BCL2-associated transcription factor 110Bclaf1<em1Nuc>endonuclease-mediated mutation 1, Tokuko Haraguchi

Information2

供与核酸
Research applicationMouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
利用者は事前に原口徳子博士より承諾を得る。非営利機関が非営利目的の教育・研究用に用いる場合以外は、大阪大学と別途MTAを締結すること。
Depositor平岡 泰(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-
Category I MTA: CRISPR/Cas9 genome edited bioresources ( Japanese / English )

BRC mice in Publications

No Data