RBRC09797

Information1

Image
BRC No.RBRC09797
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Ano6<tm1.2Naga>
Former Common nameTMEM16F KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineBruce 4 [B6.Cg-Thy1<a>]
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain development大阪大学・長田重一、鈴木淳、藤井俊裕により開発(2013)C57BL/6系統。CAG-Cre(B6背景)との交配によりloxPで挟まれたAno6 Exon2とNeoRを除去後、兄妹交配にて維持していた。
Strain descriptionAno6(別名;TMEM16F)はリン脂質スクランブラーゼである。カルシウム依存的に細胞質側から細胞外側、又その反対にも脂質二重膜のリン脂質を移動させる働きがある。ヒト血液疾患スコット症候群の原因遺伝子である。
Colony maintenance
ReferencesJ. Biol. Chem., 288, 13305-13316 (2013). 23532839
Nature, 468, 834-838 (2010). 21107324

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Ano6anoctamin 615Ano6<tm1.2Naga>targeted mutation 1.2, Shigekazu Nagata

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP15loxP

Information2

供与核酸Phage P1 loxP site, mouse Ano6 genome DNA
Research applicationCre/loxP system
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。J. Biol. Chem., 288, 13305-13316 (2013).
学術機関の学術研究に限る。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor長田 重一(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data