RBRC09796

Information1

Image
BRC No.RBRC09796
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Ano6<tm1.1Naga>
Former Common nameTMEM16F Flox
H-2 Haplotype
ES Cell lineBruce 4 [B6.Cg-Thy1<a>]
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain development大阪大学・長田重一、鈴木淳、藤井俊裕により開発(2013)C57BL/6系統。CAG-FLPe(B6背景)との交配によりFRTで挟まれたNeoRを除去後、兄妹交配にて維持していた。
Strain descriptionAno6 (別名:TMEM16F)はリン脂質スクランブラーゼである。カルシウム依存的に細胞質側から細胞外側、又その反対にも脂質二重膜のリン脂質を移動させる働きがある。ヒト血液疾患スコット症候群の原因遺伝子である。
Colony maintenance
ReferencesJ. Biol. Chem., 288, 13305-13316 (2013). 23532839
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 112, 12800-12805 (2015). 26417084
Nature, 468, 834-838 (2010). 21107324

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Ano6anoctamin 615Ano6<tm1.1Naga>targeted mutation 1.1, Shigekazu Nagata

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site15Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP15loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP15loxP

Information2

供与核酸Phage P1 loxP sites, yeast FRT (flipase recombination target) site, mouse Ano6 genome DNA
Research applicationCre/loxP system
FLP/frt system
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 112, 12800-12805 (2015). J. Biol. Chem., 288, 13305-13316 (2013).
学術機関の学術研究に限る。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor長田 重一(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data