RBRC09730

Information1

Image
BRC No.RBRC09730
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Braf<tm1Tumg>
Former Common nameBraf Q241R Neo/+ (C57BL/6 background)
H-2 Haplotype
ES Cell lineBruce 4 [B6.Cg-Thy1<a>]
Background strain
Appearance
Strain development東北大学・大学院・医学系研究科 青木洋子先生、井上晋一先生(2014)。BRUCE-4 ES 細胞を使用し、兄妹交配にて維持。
Strain descriptionCre存在下でQ241R変異を持つBrafを発現するノックインマウス。BRAFはセリン/スレオニンキナーゼで細胞増殖・分化・アポト―シスに関わるRAS/MAPKシグナル分子のひとつ。BRAFは癌原遺伝子でありその体細胞変異はメラノーマ、甲状腺癌などで多く認められる。対照的にBRAFの生殖細胞系列における変異は心疾患、特異的顔貌、皮膚疾患を特徴とするcardio-facio-cutaneous (CFC)症候群の原因となる。マウスのBraf Q241R変異は、ヒトで最も高頻度に認められるBRAF Q257Rの変異に相当する。CAG-Creマウスとの交配では胎生致死となるが、MEK阻害剤およびヒストン脱メチル化酵素阻害剤を投与することにより胎生致死を改善し1世代目の解析は可能。Creが存在しなくてもQ241R変異を持つBrafを発現するノックインマウスがRBRC09731として利用可能(ICR背景)。
Colony maintenanceC57BL/6系統。自然交配で系統維持。
ReferencesHum. Mol. Genet., 23, 6553-6566 (2014). 25035421

Health Report

Examination Date / Room / Rack2017/06/19Room:3-BRack:B
2017/04/17Room:3-BRack:B
2017/02/20Room:3-BRack:B

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
BrafBraf transforming gene6Braf<tm1(Q241R)Tumg>targeted mutation 1, Yoko Aoki

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site6Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site6Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP6loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP6loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)6mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸Bacteriophage P1 loxP sites, STOP transcriptional sequence (Adenovirus splice acceptor, SV40 polyA), Saccharomyces cerevisiae FRT sites, Mouse Phosphoglycerate kinase promotor (PGK promotor), E. coli Neomycin resistant gene, Polyomavirus SV40 polyA signal, mouse Braf genomic DNA
Research applicationCancer Research
Cell Biology Research
Cre/loxP system
FLP/frt system
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Human Molecular Genetics, 23, 6553-6566 (2014).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
本件リソースの利用は寄託者との共同研究とする。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor青木 洋子(国立大学法人東北大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data