RBRC09685

Information1

Image
BRC No.RBRC09685
TypeChemically-induced Mutation Congenic
SpeciesMus musculus
Strain nameC3B6-Mad2l2<repro22>
Former Common namerepro22
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC3H/HeJJcl
Appearance
Strain development米国ジャクソン研究所のReproductive Genomics Projectで作出された変異原性薬剤ENU誘発突然変異マウスである。ENUを投与したC57BL/6の雄とC3H/Heの雌を掛け合わせ、得られた産仔から交配によりホモ個体を作出し、生殖機能に異常を持つものを選出した。岡山大学・国枝哲夫により寄託。C57BL/6とC3Hの混合背景。
Strain description生殖機能の異常を指標にスクリーニングされたreproシリーズ変異マウスの一つ。repro22マウスはRev7/Mad2l2 (MAD2 mitotic arrest deficient-like 2) 遺伝子の第3エクソンにミスセンス変異 (C70R) を持つ。生殖細胞の欠損により雌雄とも不妊。また、高頻度で卵巣腫瘍を発症。
Colony maintenance
ReferencesJ. Reprod. Dev. 54, 225-228, (2008). 18385543
Mol. Cell Endocrinol., 412, 19-25, (2015). 26004212
J. Biol. Chem., 289, 3811-3824, (2014). 24356953

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Mad2l2MAD2 mitotic arrest deficient-like 24Mad2l2<repro22>reproductive mutant 22, JAX Reproductive Mutagenesis Program

Information2

供与核酸
Research application
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
Depositor国枝 哲夫(国立大学法人岡山大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data