RBRC09677

Information1

Image
BRC No.RBRC09677
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6-Tg(Camk2a-Crem)I23Nkoji
Former Common nameICER-I-OE
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain development東京都健康長寿医療センター研究所・遠藤昌吾先生、児島伸彦先生らにより開発。CaMKIIαプロモーターの下流にICER-I cDNA (CremのスプライシングバリアントI)を挿入したトランスジーンをB6/C3H/F1の受精卵(RBRC09675)、またはC57BL/6J受精卵(RBRC09676, RBRC09677)にマイクロインジェクションして作成。C57BL/6J背景に戻し交配して維持。
Strain descriptionCaMKIIαプロモーター制御下にICER(Inducible cAMP early repressor)-Iを過剰発現させたマウス。脳の解剖学的異常は特になし。一般的な行動も正常。恐怖記憶の固定化に障害。RBRC09675, RBRC09676, RBRC09677の3種類のサブラインがある。Amygdala kindlingの減弱。転写抑制因子ICER-Iの脳機能における役割を解明するために作成。
Colony maintenanceBackcrossed with B6J mice. No overt change in brain anatomy and general behavior.Impairment in consolidation of fear memory.Attenuation of amygdala kindling.CaMKIIαプロモーターの下流にICER-I cDNAを挿入したトランスジーンをマウス(C57BL/6J)受精卵にマイクロインジェクションして作成したマウス。転写抑制因子ICER-Iの脳機能における役割を解明するために作成された。
ReferencesJ. Neurosci., 28, 6459-6472 (2008). 18562617

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
CremcAMP responsive element modulatorUNCremmouse Camk2a promoter

Information2

供与核酸M Musculus ICER-I cDNA, SV40 polyA signal, M Musculus CaMKIIα promoter, adenovirus tripartite leader sequence +14〜+200, Mus musculus IgG variable region(3'-splice sequence)
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。J. Neurosci., 28, 6459-6472 (2008).
利用者は、東京都健康長寿医療センター指定のMTAの締結が必要。
Depositor遠藤 昌吾(地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data