RBRC09405

Information1

Image
BRC No.RBRC09405
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6-Klhl7<tm1Tchi>
Former Common nameKLHL7 KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineJM8A3.N1 [C57BL/6N-A<tm1Brd>]
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain development筑波大学・千葉智樹博士により作出・維持C57BL/6Jに3世代戻し交配を行った。
Strain descriptionKLHL7はヒトの網膜色素変性症の責任遺伝子であり、Cullin型ユビキチン化酵素の構成タンパク質をコードする。しかし、KLHL7のユビキチン化する基質はわかっておらず、網膜色素変性症を発症する理由は不明である。本マウスはKLHL7遺伝子を欠損しており、KLHL7変異による網膜色素変性症の解析に有用である。
Colony maintenance
References

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Klhl7kelch-like 75Klhl7<tm1Tchi>targeted mutation 1, Tomoki Chiba

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
lacZbeta-galactosidase (E. coli)5

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP5loxP

Information2

供与核酸E. coli Neomycin resistance gene
Research applicationCell Biology Research
Cre/loxP system
Fluorescent Proteins/lacZ System
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。後日指定 (will be announced)
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
論文発表前は共同研究とする(RBRC09402, 09403, 09405)。
Depositor千葉 智樹(国立大学法人筑波大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data