RBRC09366

Information1

Image
BRC No.RBRC09366
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC3;B6-Mef2d<tm1a-flox-tfur>
Former Common nameMef2d flox; C3;B6-Mef2d<tm1a-flox-tfur>
H-2 Haplotype
ES Cell lineTC1 [129S6/SvEvTac]
Background strain
Appearance
Strain development大阪大学 蛋白質研究所、分子発生学研究室において確立。
Strain descriptionMef2dはMADS boxとMEF2 domainを持つ転写因子。Mef2d遺伝子のMADS boxとMEF2 domain をコードする領域を含むExon2-4がflox配列で挟まれておりCreリコンビナーゼにより除去可能である。B6-Tg(CAG-FLPe)37と掛け合わせ、FRT配列に挟まれたPGK-Neo遺伝子を除去済みである。その後、B6C3H系統のマウスと1回掛け合わせを行い、その後は、兄妹交配により継代している。Rd1遺伝子は除外してある。
Colony maintenancef/+マウスは正常に発育し生殖能に問題はない。
ReferencesGenes Cells, 20, 408-426 (2015). 25757744

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Mef2dmyocyte enhancer factor 2D3Mef2d

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site3Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP3loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP3loxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP sites, yeast FRT (flipase recombination target) site, mouse Mef2d genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Developmental Biology Research
FLP/frt system
Neurobiology Research
Sensorineural Research
提供条件条件を付加する。
利用者は、研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。学術機関の学術研究に限る。利用者は、事前に寄託者の提供承諾(大阪大学とのMTA締結)を得る。
Depositor古川 貴久(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data