RBRC09239

Information1

Image
BRC No.RBRC09239
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameICR;129(Cg)-Zeb2<tm2.1Yhi>
Former Common nameICR-SIP1-EGFP, ICR-Zfhx1b/GFP KI
H-2 Haplotype
ES Cell lineR1 [(129X1/SvJ x 129S1/Sv)F1-Kitl<+>]
Background strain
Appearance
Strain development愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所・東雄二郎先生(2008)。R1 ES細胞を用いて作出。CAG-Creマウス(C57BL/6)との交配により、neoカセットを除去。ICR背景(RBRC09239)、ICRとC57BL/6混合背景(RBRC09240)。
Strain descriptionSIP1 (Zeb2、Zfhx1b) 遺伝子のGFPノックインマウス。SIP1タンパクの3’側にgene-targeting法を用いてEGFPが挿入されている。生体内におけるSIP1タンパクのレポーターとして利用可能。SIP1は発生過程では、主に神経系で発現が高い転写因子である。ヒトにおいては、Mowat-Wilson症候群の原因遺伝子として同定されている。相同遺伝子として、deltaEF1 (Zeb1、Zfhx1a) が存在している。C57BL/6背景への戻し交配ではヘテロ型での維持が困難となることから、SIP1-EGFP融合タンパクはおそらくSIP1野生型タンパクと比較して、機能的に不完全であると予想される。一方、ICRや混合背景の場合はホモ型でも生存可能。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [or Crossing to Slc:ICR]
ReferencesGenesis. , 52. 56-67 (2014). 24243579

Health Report

Examination Date / Room / Rack2015/12/14Room:3-BRack:L
2015/10/19Room:3-BRack:L
2015/08/17Room:3-BRack:L

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Zeb2zinc finger E-box binding homeobox 22Zeb2<tm2.1Yhi>targeted mutation 2.1, Yujiro Higashi

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
EGFPEnhanced Green Fluorescent Protein, F64L and S65T (Aequorea victoria)2EGFP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP2loxP

Information2

供与核酸Bacteriophage P1 loxP site, Jellyfish EGFP cDNA, mouse Zfhx1b genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Developmental Biology Research
Fluorescent Proteins/lacZ System
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor東 雄二郎(愛知県心身障害者コロニー)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-
Mouse of the Month Jul 2015
GFP Transfer License (Japanese / English)
Please fill in the Schedule A, and submit two signed copies to us together with two signed copies of RIKEN BRC's MTA. Please also read Schedule B.

BRC mice in Publications

No Data