RBRC06568

Information1

Image
BRC No.RBRC06568
TypeSpontaneous Mutation
SpeciesMus musculus
Strain nameC3H/HeN-Pax3<Sp-Nag>
Former Common nameDws, C3-Dws
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC3H/HeNCrlCrlj
Appearance
Strain development名古屋大学大学院医学系研究科・大野民生先生(2014)。C3H/HeNにNSY由来のChr.11の一部を導入したコンジェニック系統(C3.NSY-(D11Mit74-D11Mit229))に腹部に白斑を有する個体が出現した。この形質は優性遺伝しており、白斑個体をC3H/HeNに戻し交配してNSY由来の染色体領域(D11Mit74-D11Mit229)を排除し、C3H/HeNを遺伝背景とする白斑系統として樹立した。
Strain descriptionC3H/HeNを遺伝背景とし腹部に白斑を有する。この形質は優性遺伝しており、この遺伝子座をDws(dominant white spotting)と仮称し、原因遺伝子については、現在、解析中である。C3H/HeNを遺伝背景とする色素発現異常の解析に使用可能と考えられる。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [or Crossing to C3H/HeNCrlCrlj]
ReferencesExp Anim, 66(3), 245-250 (2017). 28381738

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Pax3paired box gene 31Pax3<Sp-Nag>splotch Nagoya

Information2

供与核酸
Research applicationMouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加しない。
Depositor大野 民生(国立大学法人名古屋大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data