RBRC06563

Information1

Image
BRC No.RBRC06563
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Rhof<tm1.2Dash>
Former Common nameRhoF KO, B6-Rhof KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineEGR-G01 [129S2 x C57BL/6NCr-Tg(CAG/Acr-EGFP)]
Background strain
Appearance
Strain development名古屋大学大学院医学系研究科・岸本磨由子先生、松下 正先生。EGR-G01 ES細胞を用いて作出(大阪大学微生物病研究所内特定非営利活動法人発生工学研究会)。キメラマウスとCAG-FLPeマウスとの交配によりfloxアレルを持つマウスを作出後、CAG-Creマウスとの交配によりエクソン2を欠失したKOマウスを作出。
Strain descriptionRhoF遺伝子のノックアウトマウス。エクソン2を欠失する。RhoFは脊椎動物以降の主に造血系、神経系細胞に発現する低分子量GTPaseであり、Cdc42を介さない特徴的な長いfilopodia形成を制御している。しかしながらRhoFの下流エフェクターは殆ど同定されておらず、その生体内での機能は不明である。RhoAやCdc42は全身性にKOすると胎生致死となり、血液細胞に発現しており、B細胞や他の造血に影響を及ぼす。RhoFホモノックアウトマウスは、出生はメンデルの法則に従って誕生し、外見及び成長過程に異常なし。血小板数、出血時間や血餅退縮能は正常。脾臓のMZが狭小化し、MZ B細胞は減少するが、MZ B細胞の抗体産生能や遊走能は正常。
Colony maintenanceHomozygote x Homozygote [or C57BL/6NCrSlc]
ReferencesNagoya J. Med. Sci., 76, 293-305 (2014).

Health Report

Examination Date / Room / Rack2017/06/19Room:3-CRack:F
2017/04/17Room:3-CRack:F
2017/02/20Room:3-CRack:F
2016/12/19Room:3-CRack:F
2016/10/17Room:3-CRack:F
2016/08/22Room:3-CRack:F
2016/06/20Room:3-CRack:F
2016/04/18Room:3-CRack:F

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Rhofras homolog gene family, member f5Rhof<tm1.2Dash>targeted mutation 1.2, Tadashi Matsushita

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP5loxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP site, mouse Rhof genomic DNA,[CAG promoter (CMV-IE enhancer, chicken beta-actin promoter, rabbit beta-globin genomic DNA), phage P1 Cre recombinase]
Research applicationCre/loxP system
Hematological Research
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Nagoya J. Med. Sci. , 76, 293-305 (2014).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者(名大知財・技術移転グループ)と別途協議を行う。
Depositor松下 正(国立大学法人名古屋大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data