RBRC06558

Information1

Image
BRC No.RBRC06558
TypeChemically-induced Mutation
SpeciesMus musculus
Strain nameB6(D2)-Smo<Rgsc2073>
Former Common nameSmoG457X, B6-Smo/G457X
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain development理化学研究所バイオリソースセンター・牧野 茂先生、権藤洋一先生。RIKEN ENU-based gene driven mutagenesisにより作出。C57BL/6Jコンジェニック。
Strain descriptionSmo G457X変異マウス。Smo (Smoothened) は、ヘッジホグ (Hh) シグナルを活性化する膜タンパク質で、発生の形態形成や発がんに重要な役割を果たす。ホモマウスは、脳や神経管の形成不全などの形態異常を示し、発生10日前後に致死となる。本突然変異は、スプライシングドナーサイトの変異である事、および、Smoノックアウトマウスと同等の表現型を示すことから、null alleleと考えられる。シグナル伝達や発生の研究に有用である。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [C57BL/6JJcl]
ReferencesNat Rev Genet., 9, 803-810 (2008). 18781157

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Smosmoothened homolog (Drosophila)6Smo<Rgsc2073>RIKEN Genomic Sciences Center (GSC), 2073

Information2

供与核酸
Research applicationCancer Research
Developmental Biology Research
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。後日指定。(will be announced).
Depositor権藤 洋一(独立行政法人理化学研究所)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data