RBRC06463

Information1

Image
BRC No.RBRC06463
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6-Prkcd<tm1.1Shb>
Former Common namePKCdelta KO, B6-Prkcd KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineRENKA [C57BL/6NCrlCrlj]
Background strain
Appearance
Strain development昭和大学医学部・新野由子先生、塩田清二先生、富山大学大学院理工学研究部・中町智哉先生。PKCδ KOマウス(RBRC06463)は、REKNA ES細胞を用いて作出したPKCδ floxedマウス(RBRC06462)とPGK2プロモーター下流にcreをもつSpermatocytes、spermatids、spermatogonia特異的PGK2-Creマウス(Tg(Pgk2-cre)24Shb)との交配により作出。
Strain description細胞内情報伝達に関与するPKCδ遺伝子のエクソン7の両側にloxP配列をもつfloxedマウス (RBRC06462) と、spermatocytes、spermatids、spermatogonia特異的にCreを発現するPGK2-Creマウス (PGK2 promoter下流にCreを持つ) との交配により作出されたノックアウトマウス。ヘテロ型マウス同士の交配では、ヘテロ型と野生型は生まれてくるものの、ホモマウスは生まれてこない (14腹での離乳時の仔マウスの遺伝子判定結果は、ホモ:ヘテロ:野生型=0:38:42) 。18 dpcのマウスでもホモは確認できておらず (2腹での胎仔の遺伝子型判定結果は、ホモ:ヘテロ:野生型=0:5:7) 、胎生致死の可能性の他、受精、卵割、着床等に異常がある可能性がある。詳細は未解析。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [C57BL/6NCrlCrlj]
References

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Prkcdprotein kinase C, delta14Prkcd<tm1.1Shb>targeted mutation 1.1, Seiji Shiota

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP14loxP

Information2

供与核酸Pharge P1 LoxP site, mouse PKCdelta genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者/開発者(塩田清二 博士/新野由子 博士)の指定する文献を引用する(後日指定)。利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者/開発者ならびに中町智哉 博士と渡邊 潤 博士に対し、謝辞の表明を必要とする。寄託者/開発者による第一報が出るまでは、寄託者/開発者を共著とする共同研究の使用に限る。
Depositor塩田 清二(昭和大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data