RBRC06462

Information1

Image
BRC No.RBRC06462
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6-Prkcd<tm1Shb>
Former Common namePKCdelta floxed, B6-Prkcd floxed
H-2 Haplotype
ES Cell lineRENKA [C57BL/6NCrlCrlj]
Background strain
Appearance
Strain development昭和大学医学部・新野由子先生、塩田清二先生、新潟大学脳研究所・崎村建司先生。REKNA ES細胞を用いて作出。
Strain description細胞内情報伝達に関与するPKCδ遺伝子のエクソン7の両側にloxP配列をもつfloxedマウス。エクソン7と5'側loxP配列の間にPGK-neoカセットを持つ。Cre発現マウスとの交配により、PGK-neoカセットおよびエクソン7が除去することができ、組織特異的にノックアウトマウスの作製が可能。全身性にノックアウトしたマウスは生まれてこない。PKCδはalternative splicingにより、これまでに9の分子の存在が報告されている (PKCδI~δIX) 。Exon7のノックアウトにより、このうち、PKCδI、δII、δIII、δIV、δV、δVI、δVII、δVIIIの分子が存在しなくなる。但し、PKCδIIIはラット、PKCδVIIIはヒト細胞でクローニングされた分子で、マウスでの報告はまだない。
Colony maintenanceHomozygote x Homozygote [or Crossing to C57BL/6NCrlCrlj]
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2018/06/04Room:3-2Rack:C
2018/04/02Room:3-2Rack:C
2018/02/05Room:3-2Rack:C
2017/12/04Room:3-2Rack:C
2017/10/02Room:3-2Rack:C
2017/08/28Room:3-2Rack:C
2017/08/28Room:3-2Rack:C
2017/08/21Room:3-2Rack:C

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Prkcdprotein kinase C, delta14Prkcd<tm1Shb>targeted mutation 1, Seiji Shiota

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site14Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site14Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP14loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP14loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)14mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), E. coli Neomycin resistance gene, mouse PGK poly(A), Phage P1 LoxP sites, yeast FRT (flippase recombination target) sites, mouse PKCdelta genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
FLP/frt system
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者/開発者(塩田清二 博士/新野由子 博士)の指定する文献を引用する(後日指定)。利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者/開発者ならびに中町智哉 博士と渡邊 潤 博士に対し、謝辞の表明を必要とする。寄託者/開発者による第一報が出るまでは、寄託者/開発者を共著とする共同研究の使用に限る。
Depositor塩田 清二(昭和大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data