RBRC06456

Information1

Image
BRC No.RBRC06456
TypeInbred
SpeciesMus musculus
Strain nameCBA/JNCrlj
Former Common nameCBA/JNCrj
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain developmentNIH→1981年、米国チャールス・リバー社へ導入され、SPF化の後、1980年に日本チャールス・リバー株式会社へ導入された。日本チャールス・リバー株式会社より理研BRCへ寄託(2014)。
Strain descriptionCBA/JN近交系マウス。ペニシリン耐性肺炎球菌に高感受性を示す。哺育仔の死亡 (斃死) の内、14〜21日目での死亡が90%を占める (詳細は不明) 。
Colony maintenanceSibling x Sibling
ReferencesANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 40, 1520-1525 (1996). 8726030

Health Report

Examination Date / Room / Rack2020/01/27Room:4-BRack:I
2019/11/25Room:4-BRack:I
2019/09/30Room:4-BRack:I
2019/07/29Room:4-BRack:I
2019/05/27Room:4-BRack:I
2019/03/25Room:4-BRack:I
2019/01/28Room:4-BRack:I
2018/11/26Room:4-BRack:I

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
null

Information2

供与核酸
Research application
提供条件条件を付加する。
第三者に繁殖等を依頼するときは寄託者に相談すること。
Depositor日本チャールス・リバー株式会社(日本チャールス・リバー(株))
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data