RBRC06453

Information1

Image
BRC No.RBRC06453
TypeInbred
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6NCrlCrlj
Former Common nameB6/NCrj
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6NCrlCrlj
Appearance
Strain development1921年にDr. C.C. LittleによってMiss Abby Lathrop維持コロニーより作出(本コロニーからはC57BRやC57Lも作出)。1937年頃に6ラインと10ラインとして別々に管理。1948年、Dr. HallからThe Jackson Laboratoryに導入され、1951年にF32世代でNIHに導入された。1974年にNIHより米国チャールス・リバー社へ導入された後、1976年にF101世代で日本チャールス・リバー株式会社へ導入された。日本チャールス・リバー株式会社より理研BRCへ寄託(2014)。
Strain descriptionC57BL/6N近交系マウス。小眼・無眼、眼球の白濁や白内障が多い。脱毛が生じやすい。18ヶ月齢以上の自然発症腫瘍および種々の腫瘍の発症頻度が低い。アルコール嗜好性が高い。Th1側の免疫応答が高く、細胞性免疫能の加齢による低下が少ない。
Colony maintenanceSibling x Sibling
References

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
null

Information2

供与核酸
Research application
提供条件条件を付加する。
第三者に繁殖等を依頼するときは寄託者に相談すること。
Depositor日本チャールス・リバー株式会社(日本チャールス・リバー(株))
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data