RBRC06415

Information1

Image
BRC No.RBRC06415
TypeSpontaneous Mutation
SpeciesMus musculus
Strain nameC.Cg-Dms
Former Common nameC.DMS, BALB-Dms
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development埼玉県立がんセンター臨床腫瘍研究所・松島芳文先生。
Strain descriptionNC/JicとKOR1の交雑F2に自然発症した糖尿病マウス (仮称DMS:diabetes mellitus saitama) 。常染色体生優性遺伝により、ヘテロマウスで2型糖尿病モデルとなり、ホモマウスは新生児致死性糖尿病を発症する。ホモ発症マウスは生後4日齢で死亡する (血糖値は200〜500 mg/dL) 。原因遺伝子は未同定 (解析途上) 。AKR背景 (コンジェニック化途上) (RBRC06413) 、C57BL/6背景 (コンジェニック化途上) (RBRC06414) 、BALB/c背景 (コンジェニック化途上) (RBRC06415) 、C3H背景 (コンジェニック化途上) (RBRC06416) 、DBA/2背景 (コンジェニック化途上) (RBRC06417) 、JF1背景 (コンジェニック化途上) (RBRC06418) 、KOR1背景 (コンジェニック化途上) (RBRC06419) 、NC背景 (コンジェニック化途上) (RBRC06420) 。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [or Crossing to BALB/cCrSlc]
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2019/01/28Room:4-CRack:G
2018/11/26Room:4-CRack:G
2018/09/25Room:4-CRack:G
2018/07/30Room:4-CRack:G
2018/05/21Room:4-CRack:G
2018/03/26Room:4-CRack:G
2018/01/22Room:4-CRack:G
2017/11/27Room:4-CRack:F

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Insrinsulin receptor8Insr<Dms>diabetes mellitus saitama

Information2

供与核酸
Research applicationDiabetes and Obesity Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。後日指定。(will be announced.)
営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。
Depositor松島 芳文(埼玉県立がんセンター)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data