RBRC06328

Information1

Image
BRC No.RBRC06328
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6(C)-Tg(Col2a1-Ctgf,lacZ)05908-01-2Hatt
Former Common nameCTGF<Col2a1tg>, B6-Col2a1-Ctgf/lacZ Tg
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development岡山大学医歯薬学総合研究科・服部高子先生、滝川正春先生。C57BL/6NCrSlcへマイクロインジェクションにより作出。C57BL/6およびBALB/c混合背景。
Strain descriptionCTGF (Connective tissue growth factor) (CCN2) 遺伝子のトランスジェニックマウス。Col2a1遺伝子のプロモーター/エンハンサー (6 kb) 制御下で、CTGF/CCN2 cDNA (HA-tagged) とlacZを発現する。CTGF/CCN2は、軟骨組織に多く発現し、また、様々な繊維化を伴う病変部位や乳癌などにも高発現が認められている。この遺伝子の欠損マウスは、骨形成の不全によると見られる骨格以上を示し、呼吸不全により生後間もなく死亡する。本トランスジェニックマウスは、軟骨組織特異的にHAタグ融合CTGF/CCN2を高発現し、内軟骨性骨形成の促進に起因する骨長の増大が観察される。また、関節軟骨においてもCTGF/CCN2が成体後も発現し、軟骨基質の合成の促進、関節軟骨細胞の増大維持によって加齢に伴う関節軟骨の変性に顕著な抵抗性を示し、関節軟骨が老齢期においても保たれている。内軟骨性骨形成促進機構および関節軟骨維持機構の解明に有用。Tgマウスは内軟骨性骨形成の促進により長管骨が長く、それに伴い体長の増大傾向が見られる (特にオスで顕著) 。老齢期の関節軟骨の変性が見られない。
Colony maintenanceCarrier x Noncarrier [or Crossing to C57BL/6NCrSlc]
ReferencesPLoS One. 2013;8(3):e59226. 23555635
PLoS One. 2013 Aug 12;8(8):e71156. 23951098

Health Report

Examination Date / Room / Rack2014/09/08Room:2-検Rack:D

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Ctgfconnective tissue growth factorUNCtgfmouse Col2a1 promoter-enhancer

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
HAhuman influenza virus HA (hemagglutinin) tag sequenceUNHA

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
IRESinternal ribosomal entry site (EMCV)UN

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
SASplice acceptor (adenovirus)UNSA

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
lacZbeta-galactosidase (E. coli)UN

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
SV40 polyA signalUN

Information2

供与核酸mouse Col2a1 promoter-enhancer, adenovirus splice acceptor (SA), mouse Ctgf cDNA with HA tag cDNA, human influenza virus HA (hemagglutinin) tag sequence, EMCV Internal ribosomal enrty site (ires), E.coli lacZ, SV40 polyA signal
Research applicationCancer Research
Developmental Biology Research
Fluorescent Proteins/lacZ System
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。PLoS One. 2013 8(3):e59226.  PLoS One. 2013 8(8):e71156.
営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。 利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor滝川 正春(国立大学法人岡山大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data