RBRC06183

Information1

Image
BRC No.RBRC06183
TypeInbred
SpeciesMus musculus
Strain nameSL/Stm
Former Common nameSL
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development京都大学・故市川康夫博士から1972年国立がんセンター研究所・穂積本男博士へ分与され、1975年に穂積本男博士が埼玉県立がんセンター研究所へ導入。
Strain descriptionSL系統。SLマウス由来の骨髄性白血病細胞株M1およびM1細胞亜株Mm-A (単球様細胞) が移植できる。白血病のin vivo実験が可能で、白血病細胞の分化誘導研究や白血病治療モデルとして有用である。育成記録からSL/Am亜系統に近いものと思われる。
Colony maintenanceSibling x Sibling
ReferencesBlood, 89(8): 2975-85, 1997. 9108418
Cancer Res., 47(2): 567-72, 1987. 3466692

Health Report

Examination Date / Room / Rack2020/01/27Room:4-BRack:B
2019/11/25Room:4-BRack:B
2019/09/30Room:4-BRack:B
2019/07/29Room:4-BRack:B
2019/05/27Room:4-BRack:B
2019/03/25Room:4-BRack:B
2019/01/28Room:4-BRack:B
2018/11/26Room:4-BRack:B

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
null

Information2

供与核酸
Research applicationCancer Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加しない。
Depositor粕壁 隆(埼玉県立がんセンター)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data