RBRC05922

Information1

Image
BRC No.RBRC05922
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6;129P2-Eed<tm1(I363M)Homy>
Former Common nameIEed I363M K mice
H-2 Haplotype
ES Cell lineE14 [129P2/OlaHsd]
Background strain
Appearance
Strain development広島大学原爆放射線医科学研究所・本田浩章先生(2012)。E14 ES細胞由来。ES細胞に遺伝子導入する時のポジティブセレクション用マーカーとして用いたネオマイシン耐性遺伝子は、Cre発現マウスとの交配より除去。
Strain descriptionマウスEed遺伝子のエクソン10を、363番目のIがMに置き換わるよう変異を導入したノックインマウス。I363M変異はヒトの骨髄異形成症候群の患者から発見された変異であり、このマウスはそのモデルマウスとなることが期待される。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [C57BL/6NCrlCrlj]
ReferencesLeukemia, 26, 2557-2560 (2012). 22733077

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Eedembryonic ectoderm development7Eed<tm1(I363M)Homy>targeted mutation 1, Hiroaki Honda

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP7loxP

Information2

供与核酸Phage P1 loxP site, mouse Eed genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Developmental Biology Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
Depositor本田 浩章(東京女子医科大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data