RBRC05912

Information1

Image
BRC No.RBRC05912
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6N-Tg(CAG-L-Adipo)1Shb
Former Common nameAdiponectin antisense Tg
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6NCrSlc
Appearance
Strain development昭和大学薬学部・齊藤清美先生(2005)。C57BL/6受精卵にインジェクションにより作出。
Strain descriptionAdiponectin (sense) を発現するトランスジェニックマウス。Adiponectinは脂肪細胞で発現しているアディポサイトカインの一つで抗糖尿病作用、抗動脈硬化作用、抗炎症作用等を持つ。Adiponectinを低下させることにより、易炎症性を示し、さらに炎症の程度がより重度となる。本マウスは通常時にはWTマウスとほぼ同等なadiponectin濃度を示すが、炎症時などではより速やかにadiponectinが誘導される。炎症、肥満研究に有用である。
Colony maintenanceCarrier x Carrier [or Crossing to C57BL/6NCrSlc]
ReferencesBiochim. Biophys. Acta, 1761, 709-716 (2006). 16815093

Health Report

Examination Date / Room / Rack2017/04/17Room:3-CRack:H
2017/02/27Room:3-CRack:H
2017/02/27Room:3-CRack:H
2017/02/20Room:3-CRack:H
2016/12/19Room:3-CRack:H
2016/10/17Room:3-CRack:H
2016/08/22Room:3-CRack:H
2016/07/19Room:3-CRack:H

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Adipoqadiponectin, C1Q and collagen domain containingUNAdipoqCAG promoter (CMV-IE enhancer, chicken beta-actin promoter, rabbit beta-globin genomic DNA)

Information2

供与核酸CAG promoter (CMV-IE enhancer, chicken beta-actin promoter, rabbit beta-globin genomic DNA), Mouse Adiponectin cDNA
Research applicationDiabetes and Obesity Research
Immunology and Inflammation Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Biochim. Biophys. Acta., 1761, 709-716 (2006).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者/開発者(担当者)の承諾を得る。学術論文として発表する場合、最初の論文は寄託者/担当者(担当者)を共同研究者として共著とする。営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor中野 泰子(昭和大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data