RBRC05892

Information1

Image
BRC No.RBRC05892
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.129P2-Reck<tm1Ito>/Noda
Former Common nameRecktm1(neo)Noda, global Reck knockout
H-2 Haplotype
ES Cell lineE14 [129P2/OlaHsd]
Background strain
Appearance
Strain development京都大学大学院医学研究科・高橋智聡先生、Regina M. Sasahara、Junseo Oh、理化学研究所脳科学総合研究センター・糸原重美先生ら。E14 ES細胞由来。
Strain descriptionReck遺伝子のノックアウトマウス。Reck遺伝子の第1エクソンをPGK-neoカセットで置換。ホモマウスは、血管新生、中枢神経発生などの障害を伴う胎生期致死となる。ヘテロマウスは、正常に発生し、交配可能であるが、一過性脳虚血後の脳障害の度合いや致死率が高くなる。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [C57BL/6JJmsSlc] Homozygous mutant mice are embryonic lethal.
ReferencesCell, 107, 789-800 (2001). 11747814
Nat. Neurosci., 10, 838-845 (2007). 17558399

Health Report

Examination Date / Room / Rack2013/09/02Room:3-DRack:J
2013/08/26Room:3-DRack:J
2013/08/26Room:3-DRack:J

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Reckreversion-inducing-cysteine-rich protein with kazal motifs4Reck<tm1Ito>targeted mutation 1, Shigeyoshi Itohara

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)4mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸Mouse Phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), E. coli Neomycin resistance gene, mouse Reck genomic DNA
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Cell, 107, 789-800 (2001).
1. 研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
2. 学術機関の学術研究に限る。
3. 利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
4. 営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。
5. 利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor野田 亮(国立大学法人京都大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data