RBRC05889

Information1

Image
BRC No.RBRC05889
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.129P2-Dpysl2<tm1Gosh>
Former Common nameCRMP2KI
H-2 Haplotype
ES Cell lineE14 [129P2/OlaHsd]
Background strain
Appearance
Strain development横浜市立大学大学院医学研究科・山下直也先生、理化学研究所脳科学総合研究センター・御子柴克彦先生(2006)。E14 ES細胞由来。エクソン13の上流に挿入されたNeoカセットは除去されていない。C57BL/6背景(戻し交配6世代以上)。
Strain descriptionCRMP2 (Dpysl2) 遺伝子の522番目のセリンをアラニンに置換したノックインマウス。CRMP2 (Collapsin Response Mediator Protein 2) は、軸索ガイダンス分子セマフォリン3Aの細胞内情報伝達分子として同定された。セマフォリン3Aの情報伝達経路において、CRMP2はCdk5 (Cycline Dependent Kinase 5) により、522番目のセリンがリン酸化される。本マウスは、522番目のセリンをアラニンに置換しており、Cdk5によりリン酸化されないノックインマウスである。522番目のセリンのリン酸化を介して惹起される、518番目のセリン、514番目のスレオニン、509番目のスレオニンのリン酸化がほぼ完全に抑制される。522番目のセリンのリン酸化の生理的役割の研究に有用である。エクソン13の上流にNeoカセットが挿入されている。
Colony maintenanceHomozygote x Homozygote [or Crossing to C57BL/6J(Crlj)]
ReferencesJ. Neurosci., 32, 1360-1365 (2012). 22279220

Health Report

Examination Date / Room / Rack2014/01/14Room:2-検Rack:B

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
Dpysl2dihydropyrimidinase-like 214Dpysl2<tm1Gosh>targeted mutation 1, Yoshio Goshima

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
loxPphage P1 loxP14loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
loxPphage P1 loxP14loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)14mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸phage P1 loxP sites, E. coli neo, mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), mouse Dpysl2 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
本件リソースの利用者は独立行政法人理化学研究所 御子柴 克彦、早稲田大学先端生命医科学センター 大島 登志男、公立大学法人横浜市立大学 五嶋 良郎の共著権を必要とする共同研究に限る。
Depositor御子柴 克彦(理化学研究所脳科学総合研究センター)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data