RBRC05879

Information1

Image
BRC No.RBRC05879
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6;129P2-Kcnj11<tm1Sse>
Former Common nameKir6.2 KO, B6-Kcnj11 KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineE14 [129P2/OlaHsd]
Background strain
Appearance
Strain development千葉大学大学院医学研究院 三木隆司先生、清野 進先生 (1998)。C57BL/6Jマウスに5世代以上戻し交配された。
Strain descriptionKcnj11 (Kir6.2) 遺伝子のノックアウトマウス。この遺伝子の欠損は膵beta細胞におけるインスリン分泌や神経細胞におけるグルコース感受性に異常をきたす。ホモマウスは膵beta細胞におけるインスリン分泌が障害されるが、末梢組織でのインスリン感受性が亢進しているため軽度の耐糖能低下にとどまる。ホモマウスは生存性には問題ないものの、仔育てがやや不良。ES由来Tyr遺伝子近傍にあるため、ホモマウスはチンチラ色となる。
Colony maintenanceHeterozygote, Homozygote x Homozygote [or Crossing to C57BL/6JJcl]
ReferencesProc. Natl. Acad. Sci. USA, 95, 10402-10406 (1998). 9724715
Nat. Neurosci., 4, 507-512 (2001). 11319559

Health Report

Examination Date / Room / Rack2015/09/07Room:2-検Rack:D
2013/08/26Room:3-CRack:A

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Kcnj11potassium inwardly rectifying channel, subfamily J, member 117Kcnj11<tm1Sse>targeted mutation 1, Susumu Seino

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)7mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), E. coli Neomycin resistance gene, mouse Kcnj11 genomic DNA
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Proc Natl Acad Sci U S A. 1998 95(18):10402-6.
営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。
Depositor清野 進(国立大学法人神戸大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data