RBRC05821

Information1

Image
BRC No.RBRC05821
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Camk2a<tm1.1Oyam>
Former Common nameB6-CaMKII alpha (K42R), B6-Camk2a KI/K42R
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development自然科学研究機構生理学研究所 山肩葉子先生, 柳川右千夫先生 (2003年, キメラマウス取得)。科学技術振興機構 (JST) より、2005年に特許出願、2011年に特許登録。TT2 ES細胞 (B6CBAF1由来) を用いて遺伝子ターゲティングを行い、得られた相同組換え体細胞に、Creリコンビナーゼを導入、loxP配列で挟まれたPGK-neo cassetteを除去、キメラマウス作出。C57BL/6背景 (RBRC05821), ICR混合背景 (RBRC05636)。
Strain descriptionCamk2a K42Rノックインマウス。Ca<2+>/calmodulin-dependent protein kinase II alpha (CaMKII alpha/Camk2a) は中枢神経系に豊富に存在し、神経細胞特異的発現を示すセリン・スレオニンキナーゼで、高次脳機能に関与する。このCaMKII alpha のキナーゼドメインの中にあるATP結合に必要な42番目のLys残基をArgに置き換え、不活性型としたノックインマウス。CaMKII alpha ゲノム遺伝子のエクソン2内の核酸の点変異 (AAG→AGG) に加えて、下流のイントロン2内にloxP配列が残存。ヘテロマウス、ホモマウスともに繁殖可能。明らかな神経解剖学的、神経学的な異常なし。多動傾向。一見では野生型と見分けが付かない。成体において、軽度のてんかん発作をまれに示す。海馬シナプス可塑性 (LTP) と海馬依存性学習の顕著な障害。LTP・記憶学習のメカニズム研究、記憶学習障害モデルマウスとして有用。
Colony maintenanceキメラマウスをC57BL/6N CrlCrljに20世代以上戻し交配。
ReferencesJ. Neurosci., 29, 7607-7618 (2009). 19515929

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Camk2acalcium/calmodulin-dependent protein kinase II alpha18Camk2a<tm1.1Oyam>targeted mutation 1.1, Yoko Yamagata

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP18loxP

Information2

供与核酸P1 Phage loxP site, mouse Camk2a genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。J. Neurosci., 29, 7607-7618 (2009).
Depositor山肩 葉子(大学共同利用機関法人自然科学研究機構)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability生体マウス(提供までに6ヶ月以上)
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data