RBRC05641

Information1

Image
BRC No.RBRC05641
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.129P2-Pla2g4a<tm1Tksh>
Former Common nameB6-Pla2g4a KO, cPLA2a KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineE14.1 [129P2/OlaHsd]
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain development東京大学大学院医学研究科 清水 孝雄先生, 魚住 尚則先生 (1997)。E14.1 ES細胞由来。C57BL/6JJclへ戻し交配された。
Strain descriptionPla2g4a遺伝子のノックアウトマウス。細胞質型ホスホリパーゼA2alpha (cPLA2a, group IVA PLA2) はリン脂質sn-2位に含まれるアラキドン酸を遊離する酵素である。本酵素をコードする遺伝子を欠損したマウスでは、炎症細胞等においてエイコサノイド (プロスタグランジン, ロイコトリエン等) および血小板活性化因子 (PAF) の産生の減弱がみられる。アナフィラキシー応答、脳虚血再灌流後の脳組織傷害、多発性硬化症モデル (EAE) を初めとする、様々な炎症および免疫疾患モデルにおいて、症状の軽減が報告されている。ホモ欠損雌マウスは妊娠可能であるが、着床異常により同腹仔数は少なく、黄体退縮異常により分娩遷延 (胎児死亡) を生じ、実質的に不妊である。本マウス系統樹立以降にcPLA2ファミリーの他の酵素 (cPLA2b, cPLA2g, cPLA2d, cPLA2e, cPLA2z) が遺伝子クローニングされた経緯から、本酵素は当初は単にcPLA2と呼称され、後にcPLA2aと改称された。本マウス系統はアラキドン酸カスケードの脂質メディエーター研究に有用である。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [C57BL/6JJcl] Homozygous mutant females are infertile.
ReferencesNature, 390, 618-622 (1997). 9403692
Nature, 390, 622-625 (1997). 9403693

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Pla2g4aphospholipase A2, group IVA (cytosolic, calcium-dependent)1Pla2g4a<tm1Tksh>targeted mutation 1, Takao Shimizu

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)1mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸E. coli Neomycin resistance gene, Mouse Phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), Mouse Phosphoglycerate kinase polyA
Research applicationImmunology and Inflammation Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Nature, 390, 618-622 (1997).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor清水 孝雄(国立大学法人東京大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)

BRC mice in Publications

No Data