RBRC05497

Information1

Image
BRC No.RBRC05497
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.129P2-Hepacam2<tm1Homy>
Former Common nameMIKI KO
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6NCrlCrlj
Appearance
Strain development開発者 / 機関 : 本田 浩章先生 / 広島大学 原爆放射線医科学研究所開発年 : 2006年
Strain descriptionHepacam2 (HEPACAM family member 2) は、7q-白血病の原因遺伝子候補として単離された。このマウスは、Hepacam2遺伝子のexon 2をlacZ (beta-galactosidase) に置き換えており、またマーカー遺伝子として二つのFRT配列ではさまれたNeo遺伝子を保有している。
Colony maintenance作製後、C57BL6/N系統に15回バッククロスしている。
ReferencesBiochem. Biophys. Res. Commun., 383, 245-251 (2009). 19358830

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Hepacam2HEPACAM family member 26Hepacam2

Information2

供与核酸Hepacam2 (MIKI, マウス), FRT (出芽酵母), betaガラクトシダーゼ (大腸菌), ネオマイシン耐性遺伝子 (大腸菌)
Research applicationMouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
Depositor本田 浩章(東京女子医科大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)

BRC mice in Publications

No Data