RBRC05235

Information1

Image
BRC No.RBRC05235
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6-Tg(TH-ALK*F1174L)9Homy
Former Common nameB6-Th-ALK/F1174L Tg#9L
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development広島大学原爆放射線医科学研究所・本田浩章先生(現 東京女子医科大学実験動物研究所), 東京大学医学部附属病院・滝田順子先生。C57BL/6N
Strain descriptionF1174L変異を持つヒトALK遺伝子のトランスジェニックマウス。ALKはチロシンキナーゼの一つであり、細胞増殖に関わる遺伝子である。転座を起こすことで悪性リンパ腫や肺がんなどの腫瘍形成に関与することが知られている。また、小児神経芽腫においては高度増幅や変異により、ALKが恒常的に活性化することが判明している。F1174L変異は、神経芽細胞腫の臨床検体で見いだされ、この変異の疾患発症に対する病態生理を解明するために開発された。
Colony maintenance
ReferencesNature, 455, 971-974 (2008). 18923524

Health Report

Examination Date / Room / Rack2013/02/18Room:3-CRack:E
2013/02/18Room:3-CRack:E
2012/12/11Room:3-CRack:E
2012/12/10Room:3-CRack:E
2012/10/15Room:3-CRack:E
2012/08/27Room:3-CRack:E

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
ALKhuman ALK cDNA (F1174L mutant)UNALKhuman tyrosine hydroxylase promoter

Information2

供与核酸human tyrosine hydroxylase promoter, human ALK cDNA (F1174L mutant), rabbit beta globin intron, Herpes simplex virus HSV terminator
Research applicationCancer Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。
Depositor本田 浩章(学校法人東京女子医科大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data