RBRC04929

Information1

Image
BRC No.RBRC04929
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6;129P2(129)-Unc93b1<tm1.1(D34A)Kmiy>
Former Common nameUnc93b1/D34A KI
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development東京大学医科学研究所・三宅健介先生 (2008)。CAG-EB3 ES細胞を用いてジーンターゲティング。B6マウスの受精卵にES細胞をインジェクションすることによりキメラマウスを作出。得られたキメラマウスをB6マウスと交配させ、ヘテロマウスを作製。ヘテロマウスとCAG-Creマウス (129由来、B6に2回戻し交配されたもの、B6N2) を交配することにより、ネオマイシンカセットを除去。兄妹交配のラインおよび各種近交系への戻し交配のラインが育成されている。C57BL/6NCrSlc, BALB/cCrSlc, C3H/HeNSlc, DBA/1JJmsSlcおよびNOD/ShiJcl背景。
Strain descriptionUnc93 homolog B1遺伝子 (Unc93B1, Chr19) の、34番目のアスパラギン酸をアラニンに置換 (D34A変異) したノックインマウス。ホモマウスは10週齢前後より死亡する。1年で約7割が死亡する。おそらく急性肝炎によるものと考えられる。その他、脾腫、血小板減少、Myeloproliferative Disorder、血球貪食症候群、糸球体腎炎などが観察されている。おそらくB6のライン (RBRC04930) も同様であるが、未確定 (若干死亡率は低い印象がある) 。
Colony maintenance兄妹交配所見 : 10週齢前後から自然に死亡する。半年で約半数、1年で約7割が死亡する。遺伝子型 : D34A/D34A (ホモ変異型)死因は主に急性肝炎と考えられる。その他、脾腫、血小板減少、Myeloproliferative Disorder、血球貪食症候群、糸球体腎炎などが多彩に見られる。(B6;129P2(129)-Unc93b1<tm1.1(D34A)Kmiy>について)
ReferencesImmunity, 35, 69-81 (2011). 21683627

Health Report

Examination Date / Room / Rack2015/02/02Room:3-5Rack:D
2014/12/01Room:3-5Rack:D
2014/10/06Room:3-5Rack:D
2014/08/04Room:3-5Rack:D
2014/06/02Room:3-5Rack:D
2014/04/07Room:3-5Rack:D
2014/02/03Room:3-5Rack:D
2013/12/02Room:3-5Rack:D

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Unc93b1unc-93 homolog B1 (C. elegans)19Unc93b1<tm1.1(D34A)Kmiy>targeted mutation 1.1, Kensuke Miyake

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP19loxP

Information2

供与核酸Mus musculus Unc93b1 (D34A変異体), Bacteriophage P1 loxP
Research applicationCre/loxP system
Metabolism Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Immunity, 35, 69-81 (2011).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者は事前に提供承諾書を用いて承諾を得る。利用者が当該リソースを使用して研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor三宅 健介(国立大学法人東京大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-
Mouse of the Month Jul 2011
Lab HP (Japanese)

BRC mice in Publications

No Data