RBRC04813

Information1

Image
BRC No.RBRC04813
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.B6D2-Tg(Eno2-IREB2)1Kiwa
Former Common nameNSE-IRP2 Tg
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development開発者 / 機関 : 岩井一宏先生 / 大阪市立大学医学研究科開発年 : 2002年その他 (入手経路等) : 熊本大学にて作製し,その後大阪市立大学、大阪大学で飼育・系統維持C57BL/6Jコンジェニック系統。BDF1受精卵にマイクロインジェクションで作製。その後、C57BL/6Jに18世代戻し交配を行った。
Strain description神経細胞特異的に鉄代謝の制御因子IRP2を発現させたトランスジェニックマウスで、神経細胞における反応性に富んだ鉄の増加を認め、加齢に伴う神経変性および行動異常を引き起こす。
Colony maintenance戻し交配系統名 (ブリーダー名) : C57BL/6J (チャールズリバー)
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2013/01/21Room:4-ARack:J
2012/11/26Room:4-ARack:J
2012/09/24Room:4-ARack:J
2012/07/23Room:4-ARack:J
2012/05/21Room:4-ARack:J
2012/03/26Room:4-ARack:J
2012/01/23Room:4-ARack:J
2011/11/28Room:4-ARack:J

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
IREB2iron responsive element binding protein 2 (human)UNIREB2rat NSE-promoter

Information2

供与核酸Rat NSE-promoter, Human irp2, Human myc, Rabbit beta-globin intron, Rabbit 3' LTR
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
提供にあたっては寄託者の許可を必要とする。非営利機関が非営利目的の教育・研究用に用いる以外は京都大学と別途 MTA を締結すること。
Depositor岩井 一宏(国立大学法人京都大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data