RBRC04060

Information1

Image
BRC No.RBRC04060
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain name129S6/SvEvTac-Foxp2<tm1Momo>
Former Common nameFoxp2[R552H]-KI
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain129S6/SvEvTac
Appearance
Strain development開発者/機関 : 桃井隆先生, 桃井真里子先生/国立精神, 神経センター, 自治医科大学129sv系統。兄妹交配にて維持。
Strain descriptionマウスのFoxp2遺伝子座の発現制御下に、変異型[R552H]Foxp2遺伝子を発現する。Foxp2遺伝子が発現する組織に選択的に変異型Foxp2が発現する。本変異はヒト言語障害家系であるKE家系における変異である。
Colony maintenance兄妹交配特記 : ヘテロ型×ヘテロ型もしくは野生型戻し交配系統名 (ブリーダー名) : C57BL/6JJcl,日本クレア特記:ヘテロ型♂×C57BL/6Jcl, Y染色体はC57BL/6Jclに交配により置換済み行動の異常がある繁殖成績が低い
ReferencesProc. Natl. Acad. Sci. USA, 105, 3117-3122 (2008). 18287060

Health Report

Examination Date / Room / Rack2018/10/15Room:3-BRack:J
2018/08/20Room:3-BRack:J
2018/06/18Room:3-BRack:J
2018/04/16Room:3-BRack:J
2018/02/19Room:3-BRack:J
2017/12/18Room:3-BRack:J
2017/10/16Room:3-BRack:J
2017/08/21Room:3-BRack:J

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Foxp2forkhead box P26Foxp2<tm1Momo>targeted mutation 1, Takashi Momoi

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP6loxP

Information2

供与核酸bacteriophage P1 loxP site, mouse Foxp2 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。未定
利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。寄託後、2年間については、利用者は利用内容を寄託者に連絡し、共同研究の要否に関する確認をとり、共同研究が必要な場合には共著とする。
Depositor桃井 隆(国立精神・神経センター, 自治医科大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data