RBRC04021

Information1

Image
BRC No.RBRC04021
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.129-Dnase2a<tm1Osa> Ifnar1<tm1Agt>
Former Common nameDNaseII / IFN-IR double knock out
H-2 Haplotype
ES Cell lineR1 [(129X1/SvJ x 129S1/Sv)F1-Kitl<+>]
Background strainC57BL/6
Appearance
Strain development京都大学大学院医学研究科・川根公樹、長田重一(2004)。C57BL/6背景(N8以上)。
Strain descriptionDNaseII/IFN-IRダブルノックアウトマウス。ダブルホモノックアウトマウスは自然免疫、獲得免疫が活性化される。DNaseIIホモ/IFN-IRへテロもしくは野生型マウスは貧血による胎生致死。ダブルホモノックアウトマウスは痩身、加齢とともに衰弱傾向、脾腫、繁殖能力の低下、ヒト関節リウマチに似た多発性関節炎を発症する。DNaseIIはリソソームに局在するDNA分解酵素であり、貪食されたアポトーシス細胞や赤芽球から脱核された核由来DNAの分解を担っている。DNaseIIホモノックアウトマウスでは、マクロファージ内の未分解DNAが蓄積する。その結果、インターフェロンが構成的に産生され、マウスは貧血を呈して胎生致死となる。DNaseII/IFN-IRダブルホモノックアウトマウスでは、胎生致死が回避されるが (回避率50-80%) 、成体マウスは加齢に伴い多発性関節炎を発症する。この多発性関節炎は、関節において炎症性サイトカイン遺伝子の強い発現が見られることや、病理組織学的特徴などにおいて、ヒト関節リウマチの病態によく類似している。
Colony maintenanceDnase2a: Heterozygote x Wild-type; Ifnar1: Homozygote x Homozygote
ReferencesScience, 264, 1918-1921 (1994). 8009221
Nat. Immunol., 6, 49-56 (2005). 15568025
Nature, 443, 998-1002 (2006). 17066036

Health Report

Examination Date / Room / Rack2020/08/24Room:3-ARack:G
2020/06/15Room:3-ARack:G
2020/06/01Room:3-ARack:G
2020/02/17Room:3-ARack:G
2019/12/16Room:3-ARack:G
2019/10/21Room:3-ARack:G
2019/08/26Room:3-ARack:G
2019/06/17Room:3-ARack:G

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Ifnar1interferon (alpha and beta) receptor 116Ifnar1<tm1Agt>targeted mutation 1, Michel Aguet

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)16herpes simplex virus thymidine kinase promoter (HSV tk promoter)

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Dnase2adeoxyribonuclease II alpha8Dnase2a<tm1Osa>targeted mutation 1, Shigekazu Nagata

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP8loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)8mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸Bacteriophage P1 loxP sequence, Mouse Pgk1 genomic DNA, E. coli Neomycin resistance gene, mouse Dnase2a genomic DNA, Herpes simplex virus Thymidine kinase promoter (HSV-tk promoter), Polyoma virus genomic DNA, mouse Ifnar1 genomic DNA [update March 10, 2014]
Research applicationCre/loxP system
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Nature, 443, 998-1002 (2006). Nat. Immunol., 6, 49-56 (2005).
公表を前提とした学術研究に限る。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請及び事業活動を行う場合は寄託者と別途協議を行う。
Depositor長田 重一(国立大学法人大阪大学)
Strain Status生体のアイコン生体
凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
生体マウスを1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP
Genotyping protocol -PCR-
Mouse of the Month Aug 2012

BRC mice in Publications

No Data