RBRC03665

Information1

Image
BRC No.RBRC03665
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameICR;129(B6)-Arx<tm(GCG)Kki>/7-2Rbrc
Former Common nameArx (GCG)7-2 KI (ICR)
H-2 Haplotype
ES Cell lineCCE/EK.CCE [129S/SvEv-Gpi1<c>]
Background strain
Appearance
Strain development三菱科学生命科学研究所・北村邦夫先生。CCE/EK.CCE ES細胞を用いて作出。
Strain descriptionArx遺伝子の330コドンにGCG配列を7個挿入したノックインマウス。ヘミ (KI/Y) 雄で行動異常、痙攣を呈する。X連鎖。Arx遺伝子は、X染色体上にあり、ヒトにおける脳神経系の異常 (滑脳症、てんかん、けいれん、神経遅滞) の原因遺伝子として知られている。C57BL/6混合背景 (RBRC03654、RBRC03656 (両者はESクローン違い) ) 、129背景 (RBRC03655) 、C3H混合背景 (RBRC03657) 、ICR混合背景 (RBRC03665) 。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type [or Crlj:CD1(ICR)]
References

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Arxaristaless related homeoboxXArx<tm4Kki>targeted mutation (GCG), Kunio Kitamura

Information2

供与核酸ARX genomic DNA (mouse), Neomycin resistance gene (E. coli), MC1 promoter (HSV-tk由来)、PolyA signal (SV40)
Research applicationMouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
1. 本件リソースの利用は非営利機関による学術研究に限る。
2. 本件リソースを非営利機関による学術研究以外の目的で使用する場合には、事前に理研BRCに連絡し、三菱化学(株)と協議する。
3. 本件リソースを用いた研究結果を論文投稿、学会発表等により公表する場合には、その由来を明記し、三菱化学(株)に謝意を表明する。
4. 理研BRCは提供先機関名、研究責任者名、利用課題名および提供日を三菱化学(株)に年1回報告する。
Depositor北村 邦夫((株)三菱化学生命科学研究所)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data