RBRC03655

Information1

Image
BRC No.RBRC03655
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain name129-Arx<tm(GCG)Kki>/7-2Rbrc
Former Common nameArx (GCG)7-2 KI (129)
H-2 Haplotype
ES Cell lineCCE/EK.CCE [129S/SvEv-Gpi1<c>]
Background strain
Appearance
Strain development三菱科学生命科学研究所・北村邦夫先生。CCE/EK.CCE ES細胞を用いて作出。
Strain descriptionArx遺伝子の330コドンにGCG配列を7個挿入したノックインマウス。ヘミ (KI/Y) 雄で行動異常、痙攣を呈する。X連鎖。Arx遺伝子は、X染色体上にあり、ヒトにおける脳神経系の異常 (滑脳症、てんかん、けいれん、神経遅滞) の原因遺伝子として知られている。C57BL/6混合背景 (RBRC03654、RBRC03656 (両者はESクローン違い) ) 、129背景 (RBRC03655) 、C3H混合背景 (RBRC03657) 、ICR混合背景 (RBRC03665) 。
Colony maintenanceHeterozygote x Wild-type
References

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Arxaristaless related homeoboxXArx<tm4Kki>targeted mutation 4, Kunio Kitamura

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)Xherpes simplex virus thymidine kinase promoter (HSV tk promoter)

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
SV40 polyA signalX

Information2

供与核酸mouse ARX genomic DNA, E. coli Neomycin resistance gene, herpes simplex virus thymidine kinase promoter (HSV tk promoter), SV40 polyA signal
Research applicationMouse Models for Human Disease
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
1. 本件リソースの利用は非営利機関による学術研究に限る。
2. 本件リソースを非営利機関による学術研究以外の目的で使用する場合には、事前に理研BRCに連絡し、三菱化学(株)と協議する。
3. 本件リソースを用いた研究結果を論文投稿、学会発表等により公表する場合には、その由来を明記し、三菱化学(株)に謝意を表明する。
4. 理研BRCは提供先機関名、研究責任者名、利用課題名および提供日を三菱化学(株)に年1回報告する。
Depositor北村 邦夫((株)三菱化学生命科学研究所)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data