RBRC03145

Information1

Image
BRC No.RBRC03145
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6-Tg(Fev-pcdhaC2)2Tyag/TyagRbrc
Former Common nameTg(Pet-Pcdhac2) #B5, Tg(Pet1-pcdhaC2)2
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development大阪大学大学院生命機能研究科・八木 健先生(2007)。C57BL/6受精卵へTgインジェクションにより作出。
Strain descriptionセロトニン神経特異的に発現するPet-1 (FEV) 遺伝子のプロモーター制御下で、PcdhaC2を発現するトランスジェニックマウス。PcdhaC2のみをセロトニン神経で発現させることができる。ライン1 (RBRC03144) 、ライン2 (RBRC03145) 。
Colony maintenanceCarrier x Noncarrier [C57BL/6J(Crlj)]
References

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Pcdhac2protocadherin alpha subfamily C, 2UNPcdhac2mouse Pet1 promoter

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
HBB2rabbit beta-globin polyAUNHBB2

Information2

供与核酸Mouse Pcdh-aC2 gene, Mouse Pet1 promoter, Rabbit b-globin PolyA signal
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。
利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。本リソースを用いた研究が発明に至った場合、利用者はその発明を開示するとともに、取り扱いについて寄託者と協議する。また、利用者は本リソースを用いた研究を公表する際は事前に寄託者に内容を開示し許可を得る事。
Depositor八木 健(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)
Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data